普通は保険適用外

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。

そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっていることも考えられるので、放置はできません。

こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。

日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

日常的に運動を続けている方なら、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となります。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。

一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、インプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。

自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。

それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。

ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。

ゴッソトリノで口臭対策
どんなインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎の症状かもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが命に関わる大事な問題です。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。

最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です